ハナ
ハナ
高校中退→ フリーター →高卒認定 →専門学校 →事務職と転々として、現在はとある法律事務所で勉強中のハナです。

今回は、中卒でもなろうと思えば看護師になれるというお話をご紹介します。

中卒でも看護師になれるのか?

看護師になるには、大学や専門学校など看護学校を受験しなくてはなりません。

ならば中卒や高校中退の場合はどうなるのかについて、看護師になるまで職を転々とするフリーターだったという方がその方法を公開しています。

看護師になるまではフリーターだった

結論から言うと、中卒や高校中退でも看護学校に合格し、看護師になる道はあります。

しかも高卒認定を取得せずとも看護師免許を目指すことが可能で、その方法の詳細が記されています。

さらには、

  • 学費を0円にする方法
  • 中卒でも看護学校へ入りやすくする為の受験方法

の詳細が記されています。

私は、高校を中退したので最終学歴は中卒扱いになっています

以下の体験談は、実際にこの方法で中卒で看護師になった方の話です。

中卒の就職は厳しくて、フリーターや派遣社員として働いていました。

派遣社員で何年も勤務してても正社員になれず、貯金もできない状態が長く続いていて将来にも希望が持てませんでした。

そんな時、中卒でも取れるというこの方法を知り、ダメ元でチャレンジしました。

僕は今、看護師として勤務しています。看護学校への受験も合格できて、学費も本当にかかりませんでした!

学校での勉強は、意外になんとかなりました。数学とか英語とか、中学の時から全然わからなったけど、看護学校での勉強はそういったものがあまり必要なかったので助かりました。

僕の他にも中卒の人が同じように入学してましたが、看護師として働くことができています。

あの時、チャレンジして本当によかったです。今は、生活もゆとりができて、彼女と安心して結婚を考えることができています。

この体験談からわかることは、

  • 中卒での就職は厳しいこと
  • 貯金できない状態だったこと
  • 現在は看護師として勤務していること
  • 看護学校へ合格したこと
  • 学費がかからなかったこと
  • 看護学校での勉強は意外にどうにかなったこと
  • 他にも中卒の人がいたこと
  • 他の中卒の人も看護師として働いていること

本当に学校に受かりやすくなる方法なんてあるのか?

看護学校の偏差値は、おおよそ50~60ほどが一般的です。

偏差値が50台の後半となると、立教大学や明治大学の文系に合格できる数字です。

つまり中卒や高校中退での学力状態であれば、受験することさえためらうのが当たり前の感覚です。

しかし、それぞれの大学で試験対策が異なるのと同様に、一部の看護学校においては、とても有利になる対策というのが存在するのです。

全くやる気も学力もない高校三年生が1年で東大を目指す話

なにごともただ真正面からぶつかるのではなく、対策を練って弱点やシステムのすきをつくのは、良いことでも悪いことでもなく、ごく普通に存在するものです。

例えば、看護学校よりも難易度が高いのが、東大受験です。

ところが、ただ単に東大に入りたいだけなら、とても有利になる対策があるのです。

それは、理科一類を狙うという方法です。

1年で東大を目指すならば、文系よりも理系、しかも一類を目指せ!

なぜ理科一類を狙えば東大に入りやすいのか?

その理由は、

  • 他と比べ倍率が低く、間口が広い
  • 東大だからといって完璧に問題を解く必要はない
  • 理系なのに文系科目の配点が高く、理系受験の学生は文系科目を苦手としているので、国語と英語でしっかりと点をとることに意識を向ける
  • 東大の英語はかなり簡単

詳しくはこちらでマンガを読むのがわかりやすいです。

簡単にいえば英語、国語でしっかり点をとれば、数学や理科で必死に点をとらずとも、東大の理科一類は、難関のイメージとは違い穴場になるということです。

同様に看護学校にも対策によって穴場が存在する

単に東大に入るためなら理科一類を狙うことで穴場になる。

それと同様に看護学校にも、現役受験生の高校生より社会人の方が多く合格する対策が存在します。

それは、看護学校の中の一部の学校を受験する際のとても有利になる対策です。

学費が0円?成績優秀者だけなのでは?

学力がなくとも対策を知っていれば、受験はとても有利になります。

それと同様に学費も成績に関係なく、中卒の人でも対象になる方法が存在します。

つまり、知っているか、知らないかの違いだけで、未来の方向性が大きく変わってしまうのです。

看護学校の学費

看護学校の学費は、医療系ということもあり高額であることを普通なら覚悟しなければなりません。

その費用は、学校によって違いはあるものの、私学ともなると400~600万円はかかります。

またどの学校でも初年度から100~200万円程度の支払いが必要となってきます。

奨学金や教育ローンの落とし穴

高額の学費を賄うために、多くの人が奨学金や教育ローンを検討するでしょう。

奨学金や教育ローンといえば聞こえは柔らかいですが、借金にはかわりありません。

利息が安いとはいえ、返済が苦しくなる可能性はよくよく検討する必要があるのです。

学費が無料になる方法

本当に無料になるのかどうかわからないと当たり前ですが不安でしょう。

でも受験前にそれがわかるので、安心してチャレンジすることができます。

まずは実際にその方法で看護師になった方のやり方を確認してみてください。

>> あなたは知っていますか!?看護師免許を0円で取れる方法~私も当時同じような悩みを抱えていました

知る人が少ないから使える方法

こうした知っているだけで、未来の方向性を大きく変える情報は、誰もが知るところとなるとあまり効果がなくなるものです。

だからこそ、多くの人が知る前に公開終了となる可能性は高いでしょう。

それだけにこの方法で看護師になった方のリアルな体験は、今だからこそ未来を切り開く大きなターニングポイントとなるはずです。

始めるならできるだけ早く!」と現役看護師の方も言っています。もちろんじっくり検討するという選択もあります。

どちらを選択するのも自由です。ぜひ自分の幸せに意識を向けて、この先の未来を考えてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。